エイプリルフールネタであってほしい!!安倍首相「布マスクを2枚ずつ配布する」と発表に芸能人、著名人も激怒!!

安倍晋三首相は4月1日、国内5000万あまりの全世帯に、国が買い上げた「布マスクを2枚ずつ配布する」と発表した。

 

再来週以降、感染者が多い都道府県から順次配布するという。
安倍首相は、布マスク姿で話し、「布マスクは、使い捨てではなく、洗剤を使って洗うことで再利用が可能であることから、急激に拡大しているマスク事情に対応する上で極めて有効である」と語った。
まずは、新型コロナウイルスの感染拡大が続く東京都から配布する方針だと明らかにした。
今月中に都内での配布を終えたいとしている。

 

安倍首相は夜、政府対策本部で以下のように表明した。

「依然として店頭では品薄の状態が続いており、全国の医療機関に対しては先月中に1500万枚のサージカルマスクを配布、来週は追加で1500万枚を配布する。
加えて高齢者施設、障害者施設、全国の小中学校にも布マスクを配布する」

そのうえで「布マスクは使い捨てではなく、洗剤を使って再利用できるため、急激に拡大しているマスク事情に対応するために極めて有効」と指摘した。

そのうえでさらに1億枚を確保し、来週決定する「緊急経済対策」に布マスクの配布を盛り込むとして、全国で5000万あまりの世帯すべてに日本郵政のシステムを活用して、1住所あたり2枚を配布するとした。

 

安倍首相は「世帯によっては十分な量ではなく、洗濯でのご不便をおかけしますが、国民のみなさまの不安解消に速やかにしするよう取り組んで参りたい」と述べた。

なお、政府統計によると、日本の平均世帯人数は2.47人だ。このことから2枚の配布では「足りない」とする声もある。

さらに自粛要請などが長引く中で「自粛は補償とセット」という声もかねて多くあがっており、マスクではなく「現金給付」を求める声も少なくない。

 

尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(73)は1日、自身のブログで安倍晋三首相が再利用が可能な布マスクを再来週以降、1住所当たり2枚ずつ配布すると表明した件についてコメントした。

「なんで?!マスク2枚の配布なの!?」と題して更新、タイトルから疑問を呈した尾木ママ。
「政府は全世帯に郵便で布製マスク2枚を配るというのです!」と書き出し、「もう《今頃》何を考えておられるのでしょうか?今はそんなレベルの話じゃないでしょう まさに【緊急事態宣言】出すか出さないかの瀬戸際 遅すぎる批判が国内外から殺到しているというのにーー」と指摘。「政府の対策本部には届いてないのでしょうか!」と記した。

この状況に、自身の心境は「本気で心配です!」と告白。
「緊急対応しているのは会社や学校、市民・テレビなど国民の側だけかもしれないです!」とし、「とんでもない様相を呈して来ました?ねーー みなさんはどう考えますか! 尾木ママだけの焦りや心配ならいいのですがーー」と結んだ。

 

小説家の百田尚樹氏(64)も1日、自身のツイッターを更新し、怒りを爆発させた。

百田氏は「一つの家庭に2枚の布マスク? なんやねん、それ。大臣が勢揃いして決めたのがそれかい! アホの集まりか。全世帯に郵便で2枚のマスクを配るって…」と全く想定外の政府の案に絶句。
「そんなことより、緊急事態宣言とか、消費税ゼロとか、金を配るとか、パチンコ店禁止とか、エイヤッ!とやることあるやろ」と指摘し「これ、エイプリルフールのつもりか。もしかして全閣僚が集まって考えついたウソか?」と吐き捨てた。

百田氏はこれらの投稿の前に「日本経済は今、体にたとえると毛細血管がやられかけている状態。末端の経済、庶民の経済を救わないと生命が危ない。消費税5%なんて、全然即効性がない上に、システム的に時間がかかりすぎる。今すぐに消費税0%! 安倍さん、政治生命を懸けろよ! 命懸けでやってくれ」とツイート。

さらに「パチンコ店を強く自粛要請するべき。学校を休校させて、卒業式や入学式をやめさせて、多くの楽しいイベントを自粛させて、なぜ、感染の温床になりかねないパチンコ店を自由にさせているのか! 自民党にも野党にもパチンコ利権で甘い汁を吸っているクズ議員がいるのはわかるが、何とかしやがれ!」と怒りをあらわにしていた。

 

また、社会学者の古市憲寿氏(35)は1日、「マスク2枚」を顔面に付けた写真を自身のインスタグラムに投稿した。

古市氏の投稿に対し「マスク2枚ってこうしろってことなのか」「完全防備だね」「皮肉 マスク2枚って笑っちゃうね」「給食マスク(布マスク)にしないと」「マスク2枚報道で、はじめはエイプリルフールかと思いましたよ」などのコメントが寄せられていた。

 

元格闘家でタレントの高田延彦氏も1日、ツイッターを更新し、「大風呂敷拡げてマスク2枚?」と疑問を投げかけた。

再来週以降、感染者の多い都道府県から配布する方針とされているが、高田氏は「まさかのエイプリルフールジョークじゃないよね?ゼロよりマシだけど2枚ってさ!」と繰り返した。

 

聞こえてくるのは4月1日という日付にかぶせて「エイプリルフールではないの?」という声ばかりだ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。