無料公開されたアニメ「鬼滅の刃」を観る時には注意が必要?!

24日、『週刊少年ジャンプ』で連載中の大人気マンガ『鬼滅の刃』のアニメ第一話が、YouTubeで無料公開された。

 

一時急上昇ランク1位となった他、配信開始から約2日で200万回再生を突破。
現在も数字を伸ばしているが、コメント欄ではこれから観る人たちへ注意を促す声が多数確認できる状況だ。
一体どういうことだろうか。

 

『鬼滅の刃』は漫画家・吾峠呼世晴氏によるマンガ作品。
大正時代を舞台に、鬼になった妹・禰豆子を人間へと戻すべく、主人公・竈門炭治郎が鬼殺隊の一員となり、宿敵・鬼舞辻無惨へと迫っていく物語だ。

 

アニメ放送を追い風に昨年8月頃から人気が急上昇し、2月には累計発行部数が4000万部(電子含む)を突破。
現在もっとも人気のある作品と言っていいだろう。

 

しかし、結果的に今回の公開によって、ネタバレを食らってしまった人もいた様子。
原因となったのはYouTubeのコメント欄だ。

 

Ufotable制作のアニメは第6巻までが描かれたが、単行本は19巻まで発売済み。
本誌は当たり前だがその先を進んでおり、本誌勢、単行本勢、アニメ勢……など、知り得る情報がそれぞれ違うのだ。

 

結果、今回のトレンド入りでYouTube動画を観た人が、なにげなくコメント欄まで覗いてしまって、今後の展開を知ってしまう……というケースが起こっているようだ。

 

実際、ネット上では「YouTubeに鬼滅の刃が急上昇にいたから見てみたら、コメント欄で盛大なネタバレを食らってしまった」「何気なく公式にアップされてた第1話観たらネタバレ……」などの声が確認できる。

 

一方、「公式ジャンプチャンネルが鬼滅の刃上げてるけど、ネタバレする方が集まりすぎてる。本当にネタバレして何が楽しんだろう」など、ネタバレする人への苦言も確認できる状況だ。

 

なお、週刊少年ジャンプ公式YouTubeでは、今後も過去のジャンプアニメを無料で公開予定。
80作品以上が期間限定で毎日配信される予定で、『鬼滅の刃』以外にも、『ぼくたちは勉強ができない』『約束のネバーランド』『Dr.STONE』などの第1話が公開されている。

 

先の展開を知りたくない人は、コメント欄はあえて覗かないようにして、本編だけを楽しむのが良いだろう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。