TOKIO・松岡昌宏主演「家政夫のミタゾノ」伊野尾慧、飯豊まりえも加わって第4弾放送決定!!

TOKIO・松岡昌宏の主演ドラマとして、テレビ朝日系で放送されてきた『家政夫のミタゾノ』の第4弾が決定した。

 

4月期の金曜ナイトドラマ枠(毎週金曜 後11:15~深0:05※一部地域で放送時間が異なる)で放送される。
松岡ふんする女装家政夫・ミタゾノとともに行動する若き家政夫・村田光役でHey! Say! JUMPの伊野尾慧が第3シリーズに引き続き出演。
新人家政婦役で飯豊まりえが新たに加わることになった。

 

同ドラマは、2016年10月クールにスタート。
1年半後の18年4月クールに第2シリーズ、そして19年4月クールに第3シリーズを放送。
女装した大柄な家政夫・三田園薫(通称:ミタゾノさん)が、依頼人の家庭の事情を覗き見しては、そこに巣食う“根深い汚れ”を一掃していく、ブラックユーモア満載の痛快“覗き見”ヒューマンドラマシリーズ。
家事のスキルは完璧、でも無表情で何を考えているのかわからない上、なぜか女装しているという謎に満ちた“最強の家政夫”ミタゾノは、松岡の代表作になったと言っても過言ではない。

 

松岡自身も「ミタゾノが始まってからの4年間、常にミタゾノのことは頭にありますね。先日も夢でドラマの撮影をしていました(笑)。普段の生活でも、何かが起きたり、ニュースを見たりしていても、『あ、これミタゾノの題材として使えるんじゃないかな』『ミタゾノだったらこうやって解決するんじゃないかな』って考えたり…。芝居に取り入れられるように、携帯にメモしたりしています」と、ミタゾノはもはや生活の一部、“ライフワーク”になっているようだ。

メイクも「体が覚えていました。今回は15分で完成。シリーズ重ねるごとにだんだん無駄なものは省いていっているので、だいぶ早くなりましたよ(笑)。最初はアイシャドーやラメも入れていたんですけど、誰にも気づかれないからやめちゃいました! 今のミタゾノは“ナチュラルメイク”です」と、年々進化。

「ちょっと不満に思うようなニュースを目にしたときに『ここにミタゾノがいればな!』って思えるような、そんなダークな中に面白さがあるのが『家政夫のミタゾノ』なんだと思います。今回も大いに世相を反映した内容になってくると思いますので、スカッとさせますよ! お任せください」と頼もしいコメントを寄せている。

 

第3シリーズのラストで「アイドルを目指す」と衝撃宣言をした光は、休日にダンスレッスンにいそしむかたわら、ちょっぴり腰掛け気味に家政夫業も続けている。純粋な性格で人を疑うことを知らない光。
まずは依頼人を“疑う”ことから始めるミタゾノと、今回もどんな珍妙なやり取りを見せるのか。

伊野尾は「正直、ウチの事務所(ジャニーズ事務所)は後輩もたくさんいて、今回は下手したらそちらに代わってしまうのではないかと思っていたので…(笑)。これは松岡くん、いやミタゾノさんにハマっているな!と感じています(笑)」と、続投決定に安堵。「ドラマに出演させていただく機会はありますが、シリーズものに続けて出させていただくのは初めて。前回たくさんの反響がありましたし、すごく良かったとおほめの言葉もいただいたので、プレッシャーもありますが、期待に応えられるよう、そして作品が盛り上がるよう、また新たな気持ちで頑張ります!(Hey! Say! JUMPの)メンバーたちも喜んでくれると思います」と意気込んでいる。

 

一方、新加入の飯豊が演じるのは、人間観察が趣味で、覗かずして依頼人の人間性を見抜いてしまう、むすび家政婦紹介所の新人家政婦・霧島舞(きりしま・まい)。
忖度(そんたく)と嘘が苦手で、笑顔のまま歯に衣着せぬ物言いをし、思いもよらぬトラブルを巻き起こしてしまうことも…。
これまでに出会ったことのないタイプのミタゾノに興味を示し、その禁断の秘密に迫ろうとする。

松岡と飯豊は、昨年放送された『必殺仕事人』で共演。
「その時に『家政夫のミタゾノ』の現場がとても楽しいとおっしゃっていたので、撮影現場に行くのが今から楽しみです。早く溶け込めるよう自分なりに頑張りたいです」と、飯豊。ミタゾノを初めて生で見た感想は「すっごく綺麗ですよね! 迫力もあってびっくりしました(笑)」と、いろいろな意味で圧倒されていた。

 

ほかに、ミタゾノたちが所属する、むすび家政婦紹介所の所長・結頼子役の余貴美子が続投。
むすび家政婦紹介所の家政婦・式根志摩(しきね・しま)役のしゅはまはるみ、同じく家政婦の阿部真理亜(あべ・まりあ)役、平田敦子の出演も決定している。
過去の3シリーズの見どころでもあった、ミタゾノさん直伝の“お役立ち家事のHOW TO”も継続される。