【訃報】”エースのジョー”こと「宍戸錠」さん死去!!

「エースのジョー」の愛称で親しまれ、アクションスターとして日活の黄金期を支えた俳優の宍戸錠(ししど・じょう、本名同じ)さんが死去した。86歳。大阪市生まれ。
死因など詳細は不明だが事件性はないという。

1950年代に日活の第1期ニューフェイスに合格し、石原裕次郎さん(享年52)、小林旭(81)らと一世を風靡。
あくの強さを出すため豊頬(ほうきょう)手術を受け、膨らんだ頬がトレードマークだった。
2006年に虚血性心不全で手術、13年に自宅が全焼してからは表舞台に出てくることも減っていた。
葬儀・告別式の日取り、喪主は未定。

 

さまざまな顔で親しまれた宍戸さんが静かに旅立った。
警視庁などによると、死亡しているのが見つかったのは21日未明。
都内の自宅マンションで倒れているのを家族が発見した。
同じマンションの住民によると宍戸さんは独り暮らし。
「1~2か月前まで一人で散歩していた。少し痩せていたが、つえも使わず元気な足取りだった」(同住民)という。

 

宍戸さんは日大在学中の1954年に日活ニューフェイスに合格し、大学中退。
映画「警察日記」でデビューした。
174センチの高身長と甘いマスクで当初は二枚目路線で俳優人生をスタートさせた。

 

だが56年に自ら別の道を切り開く。
美容整形手術に踏み切った。
会社に内緒で頬にオルガノーゲン(シリコーンの一種)を入れて膨らませた。
小林旭の「渡り鳥」シリーズ、「拳銃無頼帖シリーズ」など殺し屋役が定番に。
にんまり笑って人を殺すアウトローとして存在感を発揮。
自身がカードゲーム好きだったこともあり「エースのジョー」のニックネームも定着した。

 

出演した映画は300本以上。
役者であることへのこだわりは強く「演じる側は肉体を使うしかない。足の指先から髪の毛の具合まで熟知できるようにならないと駄目だね」と話していた。

 

70年代になるとテレビにも進出し、「巨泉×前武のゲバゲバ90分」「カリキュラマシーン」「元祖どっきりカメラ」などのバラエティーにも出演。
82~83年にはフジテレビ系「くいしん坊!万才」にレポーターとして出演し、長男で俳優の宍戸開ものちにレポーターを務めた。

 

私生活では游子(ゆうこ)さんとの間に、長男で俳優の宍戸開(53)ら3人の子供に恵まれた。
開は父と同じ「くいしん坊!万才」でリポーターを務めるなど活躍。
芸能一家としても知られ、弟は元俳優で、その妻はちあきなおみ(72)だ。

 

10年4月に元女優でエッセイストの宍戸游子(ゆうこ)さんががんのため77歳で死去。

13年には建築家の鈴木恂さんが手がけた世田谷区成城の豪邸が全焼。
游子さんの肖像画、衣装や写真、保存していたシリコーンなど、ほぼ全ての思い出を失った。
何者かによる放火を主張したが、原因は不明なまま。
失意の宍戸さんは一時、ラブホテルに住むなどの生活を余儀なくされた。

 

火災直後の会見では吉永小百合(74)、渡哲也(78)から「キャッシュで」(本人談)お見舞いがあったことを明かし「ほかの(人からの見舞い)もまだアテにしています」と笑いを誘い、悲壮感を出さなかった。
豪快な性格と自由な発言でお茶の間を魅了し続けた波乱万丈の人生だった。