「株式会社AKS」国内AKBグループのマネジメント事業からの撤退発表に考えられる3つの理由!!

AKB48などの運営会社AKSがAKB48(東京)、NGT48(新潟)、HKT48(福岡)のマネジメント事業から撤退、それぞれが新会社によって運営されることが20日、分かった。

 

同社幹部はこの日都内で取材に応じ、「効率的な経営をしつつ、地域連携を強化していく」と狙いを明らかにした。
発表や幹部の説明によると、株式会社「NGT」「HKT」を3月、「AKB」を4月に設立する見通し。
いずれも仮称としており、今後変更する可能性もある。
各社の所在地や各劇場支配人の人事異動などは決まり次第、報告していくという。

 

AKSは2月中に社名を「ヴァーナロッサム」に変更。
社長は引き続き吉成夏子氏が留任する見通し。
今後は海外9都市で活動する48グループの管轄、日韓12人組ガールズグループ「IZ*ONE」の日本での運営、新規事業を行う。

SKE48、NMB48、STU48は既に別会社が運営しており、今回の発表によって、AKSは国内6グループのマネジメントから撤退することになる。
新社名の「ヴァーナロッサム」はヴァーナリゼーション(春化)、ブロッサム(開花)を掛け合わせた造語で「春に咲く」という意味を込めた。

 

AKS幹部によると、一連の決定は総合プロデューサーの秋元康氏にも報告を済ませている。
関係者間で合意形成を経て、この日正式決定したことから発表することになった。

 

では、一体なぜなのか?なぜこのタイミングなのか?そこにはいくつかの理由がある。

(1)長年の構想
実は各グループの独立化は、AKSの長年の悲願だった。
5年前の15年に新潟県に国内5番目のNGT48が発足したころから、関係者は「将来的には全グループが独立して、AKSはホールディングス会社化したいと思っている」と明かしていた。
実際に、6番目のSTU48は博報堂などが経営に参画し、発足時から独立。
SKEとNMBも昨年には買い手が見つかり、独立していった。
突然のように見えるが、経営計画としては長年の悲願だった。

 

(2)リスクの分散化
AKSは「経営・運営の強化、効率化が目的。より各地域と連携できるように」と説明したが、本音には危機回避、イメージの回復の意図が含まれている。
AKSが、創業以来かつてないダメージを負ったのが、昨年1月に明らかになったNGT48の元メンバー山口真帆がファンに襲われる事件だ。
同事件のあおりで、同じAKSが運営するAKBやHKTもイメージダウンを余儀なくされた。
10年も続いたビッグイベントAKB48選抜総選挙は中止になり、AKBのシングル曲発売も延期された。
今後は全グループが独立することで、共倒れしない体制にと考えている。

 

(3)経営者と経営計画の違い
AKSは、2005年(平17)12月8日にAKBが結成された直後の06年1月20日に、AKBの運営会社として設立された。
当初は、初代の代表取締役社長が100%株主のオーナー企業だったが、11年にパチンコメーカー京楽産業が資本参加し、その京楽出身の吉成夏子氏が、14年から代表取締役社長に就任し、同社の株式も100%保有した。
オーナーが吉成社長に代わると、積極的に海外に進出。
現在、アジア諸国に全9グループが誕生し、タイのBNK48は大ブレークするまでに成長した。
吉成社長は、自分の肝いりの海外事業に専念し、国内グループは、ほかのスタッフらに託す決断をした。

 

AKBも結成から15年目。
さすがに時代もファンの嗜好(しこう)も変化した。
AKS=AKB48という従来のイメージに終止符を打ち、昨年のネガティブなイメージもリセットして、大きく生まれ変わるべく、スクラップ&ビルドに着手した。