働き方はどう変わったのか?!篠原涼子「ハケンの品格」が13年ぶりに復活!!

女優の篠原涼子が4月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『ハケンの品格』(毎週水曜 後10:00)に主演することがわかった。

 

篠原が2007年に一匹狼の最強ハケン社員・大前春子を演じ、平均視聴率20.1%とヒットを記録した人気主演作が13年ぶりに復活する。

 

時代は令和へと移り変わり、新卒で会社に就職し正社員になれば将来は安泰、という日本の雇用システムは平成で終わった。
日本人の仕事に対する考え方も大きな変化を見せている。
「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI導入」「過労死」などカオスと化したこの時代に、スーパーハケン・大前春子はどのような働き方をしているのか…。
新たな物語が幕を開ける。

 

人気キャラクターを再び演じる篠原は「時代も平成から令和になり、『働き方改革』が謳われる世の中で、スーパーハケンの大前春子がどのように働き、生きて行くのか私自身もいまから演じるのを楽しみにしておりますので、視聴者の皆様にも楽しみにお待ちいただけたらと思います」と呼びかける。

 

前作から引き続き脚本を手掛けるのは『Doctor-X 外科医・大門未知子』シリーズ(テレビ朝日)や大河ドラマ『西郷どん』(NHK)などで知られる中園ミホ氏。
同ドラマは「実際の派遣社員の女性たちと取材という名の飲み会を何度も重ねて、生まれた作品です」と説明。

「13年経った今も彼女たちとの飲み会は続いていますが、ハケンの皆さんを取り巻く環境は改善されず、むしろ厳しくなっていると感じます。それでも笑顔で働き続ける彼女たちこそ、日本の宝!と私は思います。すべての働く女性たちにエールを送れるよう、新たな『ハケンの品格』に取り組んでいます。ご期待ください!」とアピールしている。