【コメント全文】AAA(トリプルエー)・浦田直也がグループ脱退!!

人気音楽グループ「AAA」のリーダー・浦田直也(37)が31日付でグループを脱退することが30日、所属の「エイベックス・マネジメント」から発表された。

 

4月20日に面識のない女性を殴ったとして暴行の疑いで逮捕(不起訴)され、無期限謹慎中だった。
31日をもって謹慎処分は解除となり、今後はソロで活動する。

 

所属事務所によると、本人から脱退の申し出があったという。
浦田は直筆署名入りの文書で後悔や謝罪の言葉とともに「これからは『浦田直也』として、いろいろな想いを自分の声に乗せ歌にして届けられるよう、一生懸命努力していきたいと思っています」と今後への思いをつづった。

私、浦田直也は2019年12月31日にAAAから脱退することを報告いたします。
このような形での報告となり、本当に申し訳ありません。

メンバーをはじめ、スタッフ、関係者の皆様にご迷惑をおかけしたこと、そしてファンの皆様に悲しい思いをさせてしまったことを後悔し、反省する時間を過ごしてきました。

今まで応援してくださった皆様には、申し訳ない気持ちと、これまで支えていただいたことへの感謝しかありません。

二度と同じ過ちを繰り返さないという強い意思を持ちながら、これからは「浦田直也」として、いろいろな想いを自分の声に乗せ歌にして届けられるよう、一生懸命努力していきたいと思っています。

AAAのメンバーでいられたこと、一緒に夢を叶えてきた仲間に出会えたことは僕の人生で一番の宝物です。       

浦田直也

 

自覚を欠いた行動の代償は大きかった。
逮捕翌日に釈放された直後に行った謝罪会見で、活動自粛を表明したが、会見を巡っては、どこか人ごとのように見える軽いトーンにファンの間でも批判の声が噴出。翌日に無期限の謹慎処分が科されていた。

 

残るメンバー5人も、それぞれ直筆署名入りの連名文書で、浦田の決断を受け入れる経緯を説明。
苦悩をにじませながら「これからもリーダー浦田直也への変わらぬ応援をよろしくお願いいたします」とエールも送った。

AAAを応援してくださる皆様へ

いつもAAAを応援していただき、本当にありがとうございます。
この度リーダー浦田直也から、2019年12月31日をもってグループを脱退することが発表
されました。

人生の半分以上の時間を共に過ごした仲間として、何が正しい選択なのか、とても悩みました。
時間をかけて話し合い、様々な意見が出た中で私たちが出した結論は、リーダー浦田直也の意思を尊重する、ということでした。

私たちにとっても、デビューからここまで共に過ごしてきた15年という月日は、何にも代えがたい、かけがえのない時間です。

今回の決断について、応援してくださる皆様としても色々なお気持ちやご意見があると思いますが、どうか受け入れていただけたらと思います。

今後もお互い前を向いて精進してまいります。
そして、これからもリーダー浦田直也への変わらぬ応援をよろしくお願いいたします。

西島隆弘 宇野実彩子 日高光啓 與真司郎 末吉秀太

 

浦田は05年のグループ結成からリーダーを務める一方、09年1月から「URATA NAOYA」名義でソロ活動も行っていた。
グループとしては10年から7年連続でNHK紅白歌合戦に出場。
17年までは毎年のように日本レコード大賞優秀作品賞に選ばれるなど、毎年、華々しい年末を送っていた。
今後の具体的な活動は未定だが、心機一転の決断を下し、新たな1年を迎える。

 

【AAA・浦田直也の事件後の経過】

▼4月20日 浦田が面識のない女性を殴ったとして暴行の疑いで逮捕。

▼同21日 釈放され都内の所属事務所で謝罪会見。事件については「覚えていない」を連発。西島隆弘はソロ活動5周年公演のステージ上で謝罪。

▼同22日 所属事務所が浦田の無期限謹慎を発表。全日本空手道連盟が公式応援歌「Yell(エール)」の使用を控えるよう各都道府県連盟などに通達。

▼5月10日 全国ツアーを浦田を除く5人で開催することを発表。

▼8月17日 a‐nation大阪公演のヘッドライナーを5人で務める。

▼10月23日 5人体制の新曲「BAD LOVE」を発売。

▼11月16日 5人で京セラドームから4大ドームツアー(12月22日まで)をスタート。

 

■浦田 直也(うらた なおや)
1982年11月10日、東京都生まれ。37歳。
2001年、テレビ東京系「ASAYAN」で行われた「浜崎あゆみオーディション」に合格し、翌年から浜崎のバックダンサーを担当。
05年にAAAを結成し、リーダーを務める。
09年1月にソロ活動も開始し、14年7月、初のソロツアーを開催した。