フィギュアスケート「織田信成」が「浜田美栄」をモラハラで提訴!!

10年バンクーバー五輪フィギュアスケート男子代表で、プロスケーターの織田信成氏(32)が18日、モラルハラスメント(言葉や態度での嫌がらせ)を受けて関大アイススケート部の監督を辞任に追い込まれ精神的苦痛を受けたとして、同部の浜田美栄コーチ(60)に1100万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴をした。

 

提訴後の会見が始まって程なくして、織田氏は、声を詰まらせ、目に涙を浮かべた。
ハンカチで目元を拭う場面もあった。
9月まで務めた関大アイススケート部監督時代に、平昌五輪4位の宮原、昨季のGPファイナル女王の紀平を育てた浜田コーチからモラハラを受けていたことを明かした。

 

旧知の人物を訴えるまでになった理由を、「フィギュア界の悪弊へ一石を投じる思い」とし、「学生や選手がよりよい健全な環境でさらに練習できるようにという気持ちで提訴をした」と語った。

 

訴状などによると、監督就任直前の17年2月、危険と感じた練習を注意した後に浜田コーチに激高され、3月頃から無視されるなどのハラスメント行為を受けた。
「監督になってから偉そうになった」などの陰口も言われるようになった。

 

関係が悪化したのは、今年1月。
学業優先の練習時間に変更するように提案した後からモラハラがエスカレート。
高圧的な態度などに恐怖感を覚え、目まいや震え、発汗が増えるなどの体調が悪化し、3月末に8日間、高熱で入院した。

 

退院後、学業成績不振者を減らすために部則を変更したところ、嫌がらせを受け、精神的苦痛により5月からリンクに行けなくなった。
「僕自身そこまで精神的に弱い人間と思っていないので、そういう人でもこうなってしまう」と訴えた。

 

関大側にも不信感を募らせている。
7月にモラハラの調査を依頼したものの、音沙汰なし。
辞任した後の10月に代理人を通じて「調査をしていなかった」という報告を受けたという。
関大のハラスメント防止ガイドラインに基づき、調査と救済措置を求める申し立てを大学にしたことも明らかにした。

 

――監督の立場でも浜田コーチへの進言は難しい?

「30歳近く年齢が離れ、僕は指導者としてまだまだ未熟で、僕から何かを言うのは難しい環境だった」

 

――無視や陰口のほかにも人格を否定された?

「あったが具体的なことは裁判で明らかにしたい」

 

――在任中にどれぐらいの頻度で練習を見ていた?

「シーズン中は他の仕事で行けないこともあったが、できる限り行っていた。指導実績表を毎月、大学に提出している。多い週は6日行っていた」

 

――関大に救済を申し立てたが、戻りたい気持ちはあるか?

「こういう形でリンクから去るのは残念だが、今のところは戻る可能性は低いと思う」

 

――ハラスメント行為とは?

「時間の変更でも怒鳴られることがあった。直接、傷つけられる言葉も言われた」

 

――本人に伝えた時の反応は?

「なぜ(浜田)先生がそういう態度になったのか分からないが、僕に対して敵意があるのでリンクに行きづらいと伝えたが、謝罪はなかった」

 

提訴された浜田コーチは全日本選手権10位が最高成績の選手から、同大を卒業した23歳の若さでコーチの道に入った。
拠点リンクが2度も閉鎖する苦難を乗り越え、コーチ歴は37年目を迎える。
現在は、紀平梨花や宮原知子らトップ選手から、下は5歳まで約40人を教える。

 

練習は基礎から徹底的に教え込むスタイルで、厳しいことで知られる。
一方、紀平の米国遠征に同行し、帰国したその足で幼少選手の試合を見守ることも。
選手一人一人に寄り添う愛情あふれる教えで、選手から信頼されている。
演技前のリンクサイドで、自分の額と選手の額をピタリとつけ、励ましの言葉とともに送り出すのが恒例となっている。