シリーズ最新作「ターミネーター ニュー・フェイト」公開!!複雑な時系列を振り返る!!

映画「ターミネーター」シリーズの最新作である『ターミネーター:ニュー・フェイト』が、11月8日に公開となった。

 

シリーズ最大のヒット作である『ターミネーター2』の正当続編とされる本作。
かつての人気キャラクターであるサラ・コナー役をリンダ・ハミルトンが演じ、28年ぶりにシリーズ復帰を果たしたということで、ファンたちは大いに沸いているようだ。

 

本作を含めて、6本もの映画が製作されている「ターミネーター」シリーズだが、厄介なことに、その時系列は繋がっていない。
新作を見るにあたり、混乱してしまうという人も多いことだろう。
そこで今回は、複雑な「ターミネーター」シリーズを、一作一作解説していく。

 

まずは、シュワルツェネッガーの名を世界に知らしめることになった1984年公開の第1作目から見ていこう。

 

【ターミネーター】
舞台は1984年のロサンゼルス。
近未来で起こる人間と機械の戦争で、人間側の指導者になる男(ジョン)を産むとされる女性・サラを抹殺するべく、殺人アンドロイド・T-800がやってくる。
そこへ、サラを守るために同じく未来からやってきた青年・カイルが現れ、激戦を繰り広げる……というのがあらすじ。

後に、『タイタニック』などのヒット作を撮ることとなるジェームズ・キャメロン監督が、ハリウッド映画としてはかなりの低予算と言える640万ドルで作った本作。
予算に見合わぬスケールの大きさを感じさせる傑作SF映画だ。

 

【ターミネーター2】
1991年公開の第2作目は、前述の通り、シリーズでもトップの大ヒットを記録。
本作の突出した出来の良さは、その後のシリーズ作にとって、批評面・興行面で立ちはだかる大きな壁となっていく。

そのあらすじは以下の通り。
前作から10年後、来るべき核戦争“審判の日”を回避するべく活動をしていたサラは、精神病院に隔離されていた。
そんな折、息子のジョンを抹殺しようと、液体金属で構成された新型アンドロイド・T-1000が襲来する。
時を同じくして、ジョンを救うための味方として再プログラミングされたT-800が送り込まれてくる…というもの。

ジョン役のエドワード・ファーロングの美少年ぶりや、抜群の恐怖感を誇るT-1000役のロバート・パトリックなど、魅力的な役者が勢ぞろい。
アクションに加え、人と機械の淡い友情も描かれており、劇場で涙を流す人も後を絶たなかったという名作だ。

繰り返しになるが、新作の『ターミネーター:ニュー・フェイト』は、本作から続く物語なので、上記の2作さえ見ておけば、ストーリーを追うことができるだろう。

 

【ターミネーター3】
2003年公開の本作は、「ターミネーター」シリーズの生みの親であるキャメロンは監督をしていない。
後任は、後に映画『サロゲート』などを撮るジョナサン・モストウが務めた。

前作から10年後。“審判の日”を回避したジョンは、しがない日々を過ごしていた。
しかしそこへ、新型アンドロイド・T-Xが突如襲い掛かる。
同じ時、T-800と瓜二つのアンドロイド・T-850が目前に現れて…というのがあらすじ。

監督交代により、若干コメディ色が出た本作。
カーアクションの迫力や、ほろ苦いラストシーンなど高く評価されている部分もあるが、興行・批評的には芳しくない結果に。

当時は、時系列的にも第2作目に連なるとされていたが、『ターミネーター:ニュー・フェイト』が正当な続編となった現在では、続く第4作目と合わせて、時系列が分岐した作品として扱われている。

 

【ターミネーター4】
2009年公開の第4作目は、舞台を未来の戦争に置き換えている。
主演に、当時大ヒットを飛ばしていた映画『ダークナイト』でもメインキャラクターを務めていたクリスチャン・ベールを据えるなど、キャスティング面で大きな話題を呼んだ作品だ。

前作のラストで回避できなかった“審判の日”を、なんとか生き延びたジョンは、人類軍で頭角を現し始めていた。
そんな折、自身は人間だと言うサイボーグの男・マーカスが15年ぶりに目覚める。
記憶喪失になっていた彼が、ジョンの父となる青年・カイルと出会い…というのが、物語の始まり。

監督を務めたマックGによるスピーディーな演出と無骨な未来描写などは、一部評価する声もある。
だが、シュワルツェネッガーの出演がCGで数分だけ、舞台が現代ではないといったこともあってか、シリーズ最低の興行成績に。この映画を起点とする新たな3部作構想もあったようだが、残念ながら夢に終わってしまった。

 

【ターミネーター 新起動/ジェニシス】
2015年公開の第5作目は、キャストとしてシュワルツェネッガーが本格復帰し、サラ役には大ヒットドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』で知られるエミリア・クラークが据えられた。
パラレルワールドを舞台に、独立した新3部作の始まりとして企画された映画だ。

闘争の末、ついに機械軍を追い詰めた人類。
しかし機械軍は、第1作目同様に殺人アンドロイドを1984年に送り込む。
人間軍の兵士・カイルも、同様に過去へと旅立つが、降り立ったのは知らされていたものとは違う過去だった、というあらすじ。
シリーズのオマージュをちりばめつつ、独立した時間軸でシリーズの刷新を図るも興行的に伸び悩み、続編の構想は、再び頓挫してしまったようだ。

 

キャメロン監督の降板以降、興行的な失敗もあり、「ターミネーター」シリーズは迷走を続けてきた。
『ターミネーター:ニュー・フェイト』が、この流れを変える一作となるかは、ぜひ劇場で確かめてほしい。