金スマで心境を語った「堀ちえみ」。手術は無事終了した事を夫がブログで報告!!


ステージ4の口腔がん(左舌扁平上皮がん)を公表したタレントの堀ちえみ(52)が、22日放送のTBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(後8:57)に出演。
同日に手術を受けた堀が術前に収録を済ませていたもので、病名・病状を公表した経緯や、がんに負けない決意など、涙ながらに胸の内を語った。

これまで同局系の『うたばん』や『UTAGE!』といった番組に何度も出演し、そこで共演した中居正広(46)が司会をする番組なら安心して自分の言葉で語れると『金スマ』出演を決めた。

入院の3日前、「緊張します」と笑顔でスタジオ入りした堀。
中居からまずは「びっくりしました」と率直な思いを告げられると「同じがんを抱えてる方、経験し頑張ってる方、克服された方でも再発など不安に思っていらっしゃる方たちに、何か力になればと思って」と出演の動機を語った。
ステージ4と診断された現在、痛みとも常に闘っている。
「ごはんを食べるのも、しゃべるのも、歯に当たると痛いです。(今も)一番強い痛み止めを飲んでいる」と苦痛を押しての番組出演となった。

その後、昨年の夏頃から「治りの遅い口内炎」に悩み、今年1月にがんを告知されるまでの経緯を再現VTRで紹介。
再びスタジオで中居から、半年足らずで進行してしまった病について「早期発見はできなかったのか」とたずねられると「そこはもう自分の運命だったのかなと思って受け入れるしかないですよね」と心境を語った。

堀は当初、がんを世間に公表せず、手術も受けず緩和ケアで残された時間を過ごそうと考えていたという。
しかし、そんな時、子どもたちの言葉が病の公表と手術を決意するきっかけになった。
がんを子どもたちに伝えた時、16歳の娘は「せっかく(これまで)何度も病気治してきたのに。お母さんがかわいそう過ぎる」と涙を流したそう。
その姿を見た堀は「子どもたちにかわいそうだと思われたまま人生の幕を閉じるわけにはいかない」と考え「生きなければ」と決意できたと、涙ながらに明かした。

そして手術を終えたことを同日夜に家族がブログを通じて報告した。

堀の夫が
「本日22時に、耳鼻咽喉科・口腔外科・形成外科による、舌がんの手術が無事に終わりました事を、ご報告致します」
と発表。

「先ず頸部リンパ節を取る手術を行い、次に舌の6割を切除する手術を行いました。
そして最後に太腿の組織を取り、舌の再建手術です。
11時間にわたる大手術でした」
と説明した。

現在は集中治療室(ICU)で休んでおり、月曜日まで集中治療を行うという。
ブログでは
「病院の皆様には、心より感謝申し上げます。
また皆様からの心温まるコメント、励みになったと思います。
ありがとうございました」
とサポートに感謝した。

この日の午前中には堀自身が「行ってきます」のタイトルで、「夢を叶えるための最初の一歩が、もうすぐ始まります」と手術当日の心境を明かした。