花田優一、前所属事務所との間で金銭トラブルの噂!!


「靴の製作代金を受け取りながら納品が大幅に遅れ、顧客から苦情が殺到。
昨年11月、当時の所属事務所が『これ以上は、もう面倒見きれない』と優一さんは契約解除になりました。
実は、この背景には昨夏のイベント出展をめぐる“金銭トラブル”もあったと聞いています」(花田家の知人)

お騒がせ二世・花田優一(23)に、また新たな“トラブル”が浮上した。
「昨年6月、彼はイタリア・フィレンツェで開催されたメンズファッションイベント『PITTI IMAGINE UOMO』に日本人の職人として初めて出展しました。
しかし、この費用は基本的に前事務所が負担しているそうです。
優一さんが前事務所に頼み込んで出展にこぎつけましたが、度重なるトラブルから“解雇”同然の退社に。
渡航費や人件費、出展費用など総額2千万円近くが事実上“水の泡”となり、前事務所も憤慨しているそうです」(前出・知人)

『PITTI~』は毎年1月と6月に開かれる世界最大のメンズファッションの祭典。
世界中のブランドが翌年の新作を発表し、世界中のバイヤーが買い付けに参集する。
来場するファッション関係者は3万人を超えるという、ビッグイベントだ。
昨年8月24日放送の『アナザースカイ』(日本テレビ系)でも、出展した優一に密着。
「ただ単に“いい靴を作りたい”という思いで作っていたものが、“『PITTI』に出展するために作ろう”に変わっていったのは事実」と、自らの意志で出展したことをアピールしていたのだが……。

優一の出展したブースを見たファッション関係者はこう語る。
「他のシューズブランドはブースに数十足が展示されていたんですが、優一さんのブースにはたった2足。
ショートブーツとローファーだけしか展示されておらず、驚いた記憶があります。
優一さんは『2足に絞ったのは、今の僕にできる“最高”を提示するのにベストだと考えたから』と主張していたそうです。
そんな少ない作品で勝負するブースは他に一切なかったので、かなり異質な空間でした」

前出の知人は続ける。
「本来なら、優一さんのように“まだ実績のない靴職人”が出展できるようなイベントではありません。
しかし、彼が『絶対、話題になる。出展費用は返します!』と前事務所を必死に口説いたそうです」

前事務所は“彼の肩書に箔が付くなら……”とあらゆるツテを頼って、やっとのことで出展にこぎつけたという。
「もともと、母・景子さんの紹介もあってこの事務所に所属することになり、景子さんもこの出展に強く賛成していたそうです。
『息子の将来のために何卒』と前事務所に頭を下げたと聞いています。
前事務所は優一さんを全面的に信用して、覚書は交わさなかったようです。
契約解除後、優一さんからこの件についておわびはなく、出展費用も返済されていない“不義理”が続いているそうです」(前出・知人)

この“金銭トラブル”について前所属事務所に確認したところ、「社内で協議した結果、弊社としてはこの件についてはお答えできません」との回答だった。

優一はなんと答えるか。
1月下旬の午後1時ごろ、自宅から現れた優一を直撃した。
黒のダウンジャケットにキャップをかぶり、トレードマークの丸メガネ。耳にはイヤホンを着けている。
こちらの姿を確認すると、避けるように踵を返して歩き始めた。

――昨年6月のフィレンツェのイベントについてお聞きしたいのですが。

「……」

――その出展には2千万円の費用がかかったと聞いています。

「いま、忙しいので」

――優一さんが、ご自身の活動の宣伝になると前事務所に提案されて出展したのでは。

「急いでいるので」

――前事務所は契約解除したことで採算がとれませんが、費用の一部でも返済する意思はあるのでしょうか。

「名刺、もらえますか?」

記者が名刺を渡すと、こちらの顔をのぞきこみ舌打ちする。
その後は何を聞いても沈黙し続ける優一は、足早に去って行った。

「優一さんを溺愛する景子さんはいまやもう優一さんの“靴職人”という仕事に固執していないようです。
親しい関係者を通じて各テレビ局にタレントとして彼を売り込み、加えて自分も本格的なテレビ復帰ができるように働きかけています」(前出・テレビ局関係者)

優一のトラブルが続けば、話題母子のメディア行脚は“靴ずれ”を起こしかねない。