スリムになった日本テレビ・水卜麻美アナウンサーが実践したダイエット方法とは?!


日本テレビの水卜麻美アナウンサーが、あるダイエット法に成功して10キロ痩せていたことを、発売中の「女性自身」(光文社)が報じている。

水卜アナといえば、女子アナらしからぬ見事な食べっぷりで食レポをこなすことでおなじみ。
「それだけにとどまらず、以前、夜中に24時間営業のホルモン焼き店をプライベートで訪れていることが報じられるなど、とにかく食べるのが大好きです」(日テレ関係者)

水卜アナといえば、15年7月、関ジャニ∞の横山裕と同じ都内のボクシングジムに通い密会していたことが報じられたが、定期的に運動はこなしていた模様。
ところが、一向に痩せる気配がなかったのだ。

しかし、同誌によると、ダイエットに成功。
もともと、ハードな運動や食事制限が苦手でリバウンドを繰り返していたのだとか。

そこで、毎日全裸になって鏡で全身をチェックする“全裸ダイエット”を取り入れ、さらに間食を控え、早食いをやめ咀嚼したりと食生活を改善。
その結果、10キロの減量に成功していたというのだ。

ちなみに、タレントのマツコ・デラックスも同じ方法で20キロの減量に成功したというから、世の中に知れ渡れば流行りそうだ。

「以前からフリー転身がうわさされていた水卜アナですが、本人の意思としては日テレのエースを目指す方向だと言われている。
これまではバラエティー中心だったが、今後は報道にも挑戦する意向のようです」(テレビ局関係者)

日テレといえば、看板報道番組「news zero」のキャスターをNHKからフリーになった有働由美子アナウンサーが務めているが、視聴率が苦戦中。

今後、このままの状態が続けば、水卜アナの投入をすることもありそうだ。