問われる事務所体質!!Sexy Zone・松島聡がパニック障害で活動休止を発表!!


Sexy Zoneの松島聡が、パニック障害による体調不良で療養することが11月28日に発表され、現在話題となっている。

1年ほど前から体調を崩し始め、1カ月前から症状が酷くなったという松島。
病院を受診したところ、「突発性パニック障害」という診断結果を受け、治療に専念するためにも活動休止との判断となったようだ。

この件について、ジャニーズ事務所は
「今は何より仕事を離れて療養し、体調の回復に努めることが最も大切であると医師の診断を受けておりますので、皆様にはご迷惑とご心配をおかけすることになり大変恐縮ではございますが、本人とも確認の上で、治療に専念させていただきたく存じます」
と報告。
松島も直筆メッセージにて
「今は、治療と静養が必要だということなので、一旦活動休止をお知らせする事をお許し下さい」
と理解を求め、続けて
「愛するファンの皆様、各関係者の皆様、そして家族のようなメンバー、本当に本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」
「皆様の応援に心から感謝申し上げると共に、これからのSexy Zoneの応援を引き続き宜しくお願い致します」
と記した。

この発表にネットは、先日のKing&Princeの岩橋玄樹に続き「びっくり!」との反応が。
また、「今はゆっくり休んでほしい」との声援がファン内外から聞こえている状況だ。

心配との声ばかりが聞こえているが、中には「パニック障害になるジャニーズが多すぎる」との指摘も多く聞こえているという。
「先日のキンプリ岩橋くんのほか、過去にはKinKi Kidsの堂本剛さんもパニック障害を患っていたことも。
このパニック障害は真面目な人ほどなりやすい病気。
ジャニーズに多いのは、SNSなどでいろいろと悪口を言われても、反論できずに我慢するしかないからかと。
だからといって事務所は何もしてくれませんからね。
ネットでは『ジャニーズのブラック体質』への疑念が再燃し始めています」(ジャニーズライター)

昨年、堂本剛が突発性難聴を発症した際、剛本人が体調不良を訴えるも、仕事をすぐにやめさせず悪化させてしまいファンから相当な批判を浴びたジャニーズ。
そんな苦い経験からか、最近ではすぐに活動休止・療養との判断を下すように。
ブラック体質も少しずつ改善されているとの声も上がっているが……。

タレントが立て続けに療養のために活動休止になるのは、極めてまれなこと。
改善すべきところは別にあるのかもしれない。