「ウエンツ瑛士」がロンドン留学のため9月末で芸能活動休止を発表!!


タレントのウエンツ瑛士(32)が、28日放送の日本テレビ系『火曜サプライズ』の生放送で、10月から英国・ロンドンに留学するため、9月末で芸能活動を休止することを発表した。

番組エンディングで、
ウエンツは

「私は10月からロンドンに留学することにしました。9月末をもって日本での活動を一度すべて休止して10月からロンドンにいって舞台の勉強をしていきたいと思います」

と報告。

ホンジャマカの石塚英彦から詳細な説明を求められると

「3年前に、自分がいつかイギリスのロンドンで舞台に立ちたいという夢を持ち始めて、日本にいながらその夢に近づくための方法なり努力をこの数年重ねてきたのですが、日に日にそのイギリスに行って勉強したい気持ちが強くなりました」

と胸の内を吐露。

そして

「たとえ誰かに迷惑をかけても、達成したい夢であると自分の中で確認できましたし、それ以上の恩返しをするという覚悟ができましたので、今回留学するという決断をしました」

と明かした。

期間は

「1年半の勉強の期間をいただいた」

とし、

「帰ってきてから全力で日本で暴れまわりたいと思います」

と留学後の復帰も明言した。

ウエンツの決断を聞いたオリエンタルラジオの藤森慎吾は「悲しくて仕方なかった。でも決断に至るまでの過程もあったと思いますし、全力で頑張って応援したい。めちゃくちゃかっこいい決断だと思います」と後押し。

中田敦彦も「素晴らしい。これだけ日本で成功をおさめて愛されている人が、さらにもういっこ上の挑戦をしようとしているのを応援するしかない」と褒めると、「番組が始まる前に『いいな、ロンドン行ってみたい』と言ったら、『おいでよ、全然おいでよ』ってもうロンドンの人みたいだった」と笑わせた。

ウエンツは幼少期からモデルとして活動し、1995年からNHK教育(当時)の『天才てれびくん』に5年間レギュラー出演。
バラエティーで活躍するほか、俳優として映画『ゲゲゲの鬼太郎』(2007)の主演を務め、小池徹平とのユニットWaTでは歌手として2005年にNHK紅白歌合戦にも出場した。
現在は日本テレビ系『火曜サプライズ』やテレビ朝日系『世界が驚いたニッポン! スゴ~イデスネ!!視察団』などにレギュラー出演中。