新型iPhoneは「9」「XS」「XS Plus」の3モデルとの噂!!


例年、アップルは9月に新機種を発表し、その少し後に発売を開始する。

昨年も9月12日に発表され、iPhone Xの発売は11月にずれこんだものの、iPhone 8は9月22日から発売が始まった。
そのため、毎年発売直前のこの時期には、どんな新機種が出るのかという話題で盛り上がるのが通例だ。
今年も、いろんなルートから少しずつ情報が漏洩し、すでに新機種予報はヒートアップしている。

8月7日、フランスの情報サイト『Les Numeriques』は独自のルートから得た情報を公開した。
9月に開催されると予想されているアップルの基調講演で、3モデルがお目見えするというものだ。
もちろん、間違った情報である可能性も十分あるのだが、その他のルートから漏れてきた情報とも符合するので参考にはなりそうだ。


画像には、「iPhone 9」「iPhone XS」「iPhone XS Plus」の3つが写っている。昨年、iPhone 8とiPhone Xが出たので、ネーミングとしては想定内。

全モデルとも背面はガラス素材となり、ワイヤレス充電に対応する。
カメラの表記がSINGLEとDOUBLEとなっているが、これは背面のメインカメラの数を指すと思われる。
ホームボタンがなくなっているので、iPhone Xと同じく認証にはFace IDを利用することになるだろう。

iPhone 9は6.1インチの液晶ディスプレイ、iPhone XSは5.8インチのOLED(有機EL)ディスプレイ、iPhone XS Plusは6.5インチのOLEDディスプレイとなっている。
iPhone 8は4.7インチ、iPhone 8 Plusでも5.5インチなので、大型化が進んでいることがわかる。

一方、iPhone 5sと同じサイズのコンパクトな「iPhone SE」にも後継が出るという噂もあった。
しかし、今回の情報には入っておらず、『Les Numeriques』によると、すでに新機種が3つも出ているので、「One more thing・・・・・・」としてiPhone SE2を発表することはないだろうと予想しているとのこと。
個人的には今年1月に出回った噂で、春にiPhone SE2が発売されるというネタに信憑性があったので、9月の発表に突っ込んでくるのではないかと期待している。

また、新しいiPhoneではSIMを2枚装着できるデュアルSIMに対応すると見られているが、発売国が限られるのではないかという噂も出ている。

iPhone XとX Plusはゆうに10万円を超え、ミドルレンジとはいえ6.1インチと大画面のiPhone 9も8万円近くになりそう。
iPadやApple Watchの新モデルも出そうで、ちょっと9月、10月の出費は、かなりかさみそうだ。