「タッチ」の30年後を描いた「MIX」が19年春にテレビアニメ化決定!!


あだち充さんの野球マンガ「タッチ」の約30年後を舞台にした“続編的”マンガ「MIX」が、テレビアニメ化され、2019年春に地上波全国ネットで放送されることが3日、明らかになった。

「タッチ」は1981~86年に「週刊少年サンデー」(小学館)で連載された人気マンガ。
テレビアニメだけでなく、劇場版アニメ、実写ドラマにもなった。

「MIX」は、あだちさんが2012年5月に「ゲッサン」(小学館)で連載をスタート。
「タッチ」の上杉達也たちが甲子園で優勝した約30年後を舞台に、血のつながっていない立花兄弟が明青学園に入り、甲子園出場を目指す姿を描いている。

「タッチ」の達也が甲子園の決勝で快投する“幻”のシーンが描かれたことや、達也のライバルの一人だった西村がライバルチームの監督として登場したことも話題になっている。

コミックスが12巻まで発売されており、最新13巻が9日に発売される。
コミックスの累計発行部数は750万部以上。