俳優・玉木宏、女優・木南晴夏と結婚報道!!


俳優、玉木宏(38)が女優、木南晴夏(32)と大安の26日に結婚することが20日、分かった。

複数の関係者によると、2人は8年前に共通の知人を通じて知り合い、友人として親交を深めてきたが、昨年4月放送のフジテレビ系スペシャルドラマ「女の勲章」での共演を機に熱愛に発展。
今月中旬にそれぞれ連続ドラマの撮影を終え、自然な流れでゴールインに至ったという。
木南は妊娠しておらず、結婚後も女優を続ける。

最後の大物独身俳優の一人として注目されてきた超イケメンと、独特の存在感を放つ個性派女優のビッグカップルがゴールインする。

玉木は現在、TBS系「あなたには帰る家がある」(金曜後10・0)、木南は同局系「花のち晴れ~花男 Next Season~」(火曜後10・0)と、そろって4月期の連ドラに出演中。
関係者によると、2人は以前から「6月に結婚したいね」と話し合っていたという。

ともに今月中旬、ドラマの撮影が終了。
婚姻届を提出する26日は「花のち晴れ-」の最終回で、双方の仕事が落ち着いたタイミングで、夫婦として新たな門出を迎えることになった。

2人は8年前に共通の知人を通じて知り合い、長年よき友人として食事をするなど親交を深めてきた。
役者としては玉木が先輩だが、木南も個性派女優として頭角を現し、互いを尊敬し合う仲に。
共演した昨年4月放送の「女の勲章」で女を翻弄する野心家役の玉木が木南を相手に熱演し、それがきっかけで恋人関係に発展した。

玉木は2001年公開の「ウォーターボーイズ」で注目を浴び、数々のドラマや映画に主演。
15年のNHK連続テレビ小説「あさが来た」では、波瑠(27)演じるヒロイン・あさの夫役で、さわやかな笑顔が魅力の新次郎を演じてお茶の間の女性をとりこにした。

一方の木南は04年の女優デビュー以降、ドラマや映画など110本以上の作品に出演。
さまざな役をこなす演技派の地位を地道に築いた。
今年はテレビ朝日系昼ドラ「越路吹雪物語」に岩谷時子役で出演。
バラエティーでも活躍し、多彩な才能を発揮している。

理想の夫婦像について玉木は15年のサンケイスポーツインタビューで「足りない部分を補いあえる関係。僕もいつか結婚したら奥さんが仕事に出るなら応援する」と告白。
「祖母にひ孫を見せたい」などと父親願望も吐露していた。

木南も今年1月のサンケイスポーツの取材で「いずれは結婚したい。10代のころから36歳で結婚と言っていたので、あと4年は猶予あります」と適齢期を意識しているようだった。

理想の結婚相手については「怒らなくてアクティブな人。私はけっこう抜けているので、笑って許してくれる人がいい」と、温厚で男らしい玉木を意識していたのかのような発言もあった。

ファン思いの2人は、近日中に公式ホームページなどで結婚を正式発表するとみられる。
サッカーW杯で初戦を突破した日本代表に負けず、生涯の伴侶を得て、ますます活躍の幅を広げていく。

■玉木 宏(たまき・ひろし)

1980(昭和55)年1月14日生まれ、38歳。名古屋市出身。
高校2年のときにスカウトされ、98年にテレビ朝日系「せつない」で俳優デビュー。
2001年の映画「ウォーターボーイズ」で注目を集める。
代表作は映画「ただ、君を愛してる」や映画&ドラマ「のだめカンタービレ」など。
12年に中国映画「曹操暗殺 三国志外伝」で外国語映画初出演。
04年に「Seasons」で歌手デビューして以降、歌手活動も並行。
趣味はカメラ。1メートル80。

■木南 晴夏(きなみ・はるか)

1985(昭和60)年8月9日生まれ、32歳。大阪府出身。
2001年に「第1回ホリプロNEW STAR AUDITION」でグランプリを獲得。
アイドルユニット、Liccaの活動を経て、04年のTBS系「桜咲くまで」で女優デビュー。
13年公開の「百年の時計」で映画初主演。
他にも映画「20世紀少年」など話題作に多数出演。
特技は英会話、ダンス、バレエ、日本舞踊。
姉は女優、木南清香(36)。1メートル62。