アニメ「クレヨンしんちゃん」、野原しんのすけ役の声優が降板!!


テレビ朝日系人気アニメ「クレヨンしんちゃん」(金曜・後7時30分)の主人公の幼稚園児・野原しんのすけの声を担当する声優の矢島晶子(年齢非公表)が降板することが1日、同局から発表された。

矢島は1992年の放送開始から26年あまり、しんちゃん役を演じてきたが、「声を保ち続けることが難しくなった」との理由で自ら降板を申し入れた。
29日の放送が最後で7月以降の後任は現在調整中という。

自らを「オラ」と呼び、語尾は「~だゾォ」。パンツを脱いで「ぞうさん」とふざけるなど下ネタ大好き。
5歳児らしからぬ独特の低い声と、おませなセリフで国民的人気を誇るしんちゃんが“交代”することになった。

矢島はテレビ朝日を通じ、書面で「27年間、春我部の『嵐を呼ぶ5才児』と一緒に過ごして参りましたが、この度、野原家から離れることに致しました」と報告。
「しんのすけの声を保ち続けることが難しくなった為です」と苦渋の思いを明かした。
4月に劇場版の最新作「爆盛! カンフーボーイズ~拉麺大乱~」の初日舞台あいさつに登壇し、しんちゃんの声で客席の子供たちを沸かせたばかりだけに、驚きの報告となった。

関係者によると、独自性の高いしんちゃんの声は、1回の収録だけで喉に相当の負担がかかっていたという。
矢島は「キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現ができにくくなってしまった」と説明した。

今月29日の放送が最後で、矢島の出演分の収録は既に終了。
特別な演出などは決まっていない。
後任の声優は「調整中」で近日発表される。

矢島は1992年4月13日の放送開始からしんちゃんを担当。
以来26年3か月にわたって一度も休むことなく出演してきた。
テレ朝では「生き生きとした、大変魅力あるキャラクター性を吹き込んで頂き、長きにわたって作品を支え続けて頂いた矢島さんの多大なる功績に、番組関係者一同、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです」と感謝のコメント。
矢島の体調の不安などは「特に聞いておりません」とした。

所属事務所によると現在、レギュラー出演はしんちゃんのみだが、今後も声優の仕事は続けるという。