食い違いだらけの記者会見!!日大アメフト部、内田正人前監督、井上奨コーチ!!司会者は強気進行!!


6日に行われた学生アメリカンフットボールの試合で日大の選手が無防備な関西学院大選手に後方から悪質なタックルをして負傷させた問題で、日大は23日、東京都内で内田正人前監督(62)、井上奨(つとむ)コーチ(30)が緊急会見を行った。

前日22日に加害者側の日大DL宮川泰介選手(20)が開いた記者会見で、反則は監督とコーチからの指示だったと主張していたが、この日の会見で内田前監督は「悪質なタックル指示をしていない」と改めて否定した。

日大側がこの日午後8時からの会見実施を通達したのは会見約1時間前。
会見場所が明らかになったのが45分前とあり、報道各社は急きょ、都内の会見場へ向かったが、会見冒頭間に合わない記者やカメラマンの姿も見られた。

会見冒頭に「誠に申し訳ありませんでした」と謝罪の言葉を述べ、頭を深く下げた内田前監督と井上コーチ。
だが「信じていただけないと思うが」と前置きした前監督は「私からの指示ではない」と相手QBを負傷させる意図の指示を出したことは否定した。

関学大QBへの危険なタックルは誰が指示したのか――。
会見では今回の騒動の中で最も核心となる部分について質問が集中した。
それでも内田前監督は頑として認めなかった。
「ルールの中で一生懸命やっている。ルールの中で行うのが基本」と主張。
また「やらなきゃ意味ないよ」と宮川選手に言ったのかとの問いには「絶対に言っていない」と述べた。

これに対して宮川選手を日大豊山高時代から指導していた井上コーチは、歯切れの悪い説明に終始した。
「宮川選手にQBを倒してこいと言ったのは真実」
と認めた上で
「ケガをさせるという目的の指示はしていない。
(つぶして来いという発言は)思い切りスタートすることとか、最初から闘志を出してやるとか、いろいろな意味が込められている」
と説明。
一方で「ケガという言葉を使ったかは覚えていない」とも話すなど不透明感が残った。

内田前監督は「ビデオを見るまで、どのような反則か分からなかった」と監督でありながら、不正タックルの場面を見ていなかったという。
「最後の小競り合いだけは見ていた」と話すと、報道陣からは失笑が起こる場面もあった。

2時間で強制終了となった会見の最後には、内田前監督の常務理事資格停止と謹慎処分、井上コーチの辞任の意向が発表された。
内田氏は自らの去就について、日大の第三者委員会の調査結果を待った上で「大学側の判断に任せる」と話した。

司会を務めた日大広報の男性職員の進行も謝罪、釈明を主とする会見の場ではふさわしくないものだった。
質疑応答のはじめに「1人の質問は1つまで」というルールは説明されたが、あやふやな回答があったため1人の記者が重ねて質問すると「質問は1つまで!会見打ち切りますよ!」と反応。
司会を務める日大関係者が「もうやめてください」「(会見を)打ち切りますよ」「あなた、しつこいんですよ」などとイライラしたように応戦するなど、会見は大荒れの様相となった。

報道陣から「あなたの発言で日大のブランドが落ちるかもしれないんですよ」の言葉が飛ぶと、司会者は「いいえ、落ちません!」と返答する場面もあった。

会見内容も指導者として学生を守るべき立場の監督とコーチが、宮川選手の会見には同席せず、翌日に行う“後出しじゃんけん”のような形。
内田前監督は19日に辞任表明をした場で大学名「関西学院(かんせいがくいん)」を「かんさいがくいん」と発音した言い間違いは直していたが、会見の仕切りと内容から「誠意」を感じることはできなかった。

日大はきょう24日にも詳細な経緯などについて関学大に再回答する。
関学大の選手側が大阪府警に提出した被害届は移送され、警視庁が傷害容疑を視野に捜査することになる。
遅きに失した会見は選手の解釈と首脳陣の主張が平行線をたどることを鮮明にしただけで、事態はますます混迷の色を深めている。