「NHK連続テレビ小説」好きな朝ドラヒロインは?!


1961年4月に、『娘と私』(北沢彪主演)で放送開始した、NHK連続ドラマ小説は、来年4月スタートの『夏空-なつぞら-』(広瀬すず主演)で区切りの100作目を迎える。
そこで、オリコンスタイルが「好きな朝ドラヒロイン」を調査したところ、2013年前期『あまちゃん』の能年玲奈(現・のん)が圧倒的な強さで1位となった。

当然、近年にオンエアされた作品のヒロインが、視聴者の記憶に新しいため、絶対的に有利。
だが、『あまちゃん』は放送終了から、すでに4年5カ月もたっているだけに、その人気は不動のもののようだ。

同ランキングは、2月2日から6日にかけて、全国の10代から50代のオリコンモニターを対象に調査したもの。
能年は全世代で1位をマークし、得票率は20.9%で、断トツだった。

あまちゃん』は、「じぇじゃじぇ」が流行語となり、ロケ地の岩手県久慈市に観光客が殺到するなどの社会現象を巻き起こし、性別や世代を問わず、愛された。
平均視聴率は20.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、それほど高くはなかったが、当時は朝ドラ低迷期。
同作をきっかけに朝ドラを見る層がグッと増え、その後の高視聴率につながっただけに、NHKへの貢献度は絶大なもの。
ここから、能年のみならず、橋本愛、福士蒼汰、松岡茉優、有村架純らがブレークし、有望な若手を数多く輩出した。

その後、能年は当時の所属事務所(レプロエンタテインメント)の方針で、ドラマ出演をセーブし、映画に軸足を置いたが、独立騒動が浮上し、事実上の休業状態に陥った。
16年7月にレプロとの契約が終了したとして、個人事務所を設立したが、業界からは干されたままで、いまだ大きな表舞台には立てず。折しも、来年のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』は、『あまちゃん』の宮藤官九郎氏が脚本を担当。
橋本、勝地涼、ピエール瀧、杉本哲太、松尾スズキらの『あまちゃん』勢が多数キャスティングされているだけに、能年のサプライズ出演に期待したいものだが……。

2位には、15年後期『あさが来た』の波瑠が11.2%を獲得して入った。
同作は23.5%の高視聴率をマークし、全世代から高い支持を受けた。
波瑠は演技力が評価されており、その後の活躍ぶりもうなずけるところ。

3位には、前作『ひよっこ』(17年前期)の有村架純が10.2%でランクイン。
終わって間もない作品とあって、これは当然の結果といえそう。
有村は『あまちゃん』に出演し、朝ドラの視聴者層にはおなじみ。
すでに民放ドラマや映画で主演を張った実績があり、『NHK紅白歌合戦』では16、17年と2年連続で紅組の司会を務めているだけに、票も伸びたようだ。

4位には、01年前期『ちゅらさん』の国仲涼子(6.8%)が入った。
同作は17年も前の作品だけに、その人気は相当根強いものだ。
朝ドラ史上、まれにみる大ヒット作で、続編が第4弾まで放送され、国仲はまさに“国民的ヒロイン”となった。
ちゅらさん』のイメージが強すぎたためか、朝ドラ後、大成したとはいいがたいのが残念なところ。
14年12月に向井理と結婚し、15年9月に第1子を出産。
いったんは芸能界に復帰したが、昨年9月に第2子妊娠を発表し、再び産休に入った。
いまだにこれだけの支持を受けているだけに、子育てがひと段落したら、本格復帰を願いたいものだ。

以下、
5位=13年後期『ごちそうさん』・杏(6.1%)、
6位=12年前期『梅ちゃん先生』・堀北真希(5.2%)、
7位=15年前期『まれ』・土屋太鳳(3.6%)、
8位=16年前期『とと姉ちゃん』・高畑充希(3.2%)、
9位=14年前期『花子とアン』・吉高由里子(3.1%)、
10位=16年後期『べっぴんさん』・芳根京子(2.4%)の順。

あまちゃん』以降に限ると、14年後期『マッサン』のシャーロット・ケイト・フォックスのみが、トップ10から外れた。

放送から年数がたった作品のヒロインは、下位になっても致し方ないが、前々作の芳根、その前の高畑がこの位置にいるのは、“不人気”ということなのだろう。
高畑の『とと姉ちゃん』は、視聴率的には、単話での20%割れが2回だけと安定し、平均22.8%と高視聴率を記録した。
だが、実際のところ、その前作『あさが来た』がよかったため、“視聴習慣”がしっかりできていて、その恩恵を受けたのかもしれない。
芳根が演じたヒロインは、朝ドラでは珍しいお嬢様で、ほとんど苦労せずに事業で成功。
視聴者も感情移入しづらく、終盤はネタ切れで内容も薄く、不評だったのが響いたのか・・・・・・。

これまで、朝ドラでは、数多くの大女優を生み出した。
その一方で、朝ドラ以降、伸び悩んだヒロインも多数存在する。
現在放送中の『わろてんか』の葵わかなを含め、今後もヒロインたちの活躍ぶりを注視していきたい。