乃木坂46・生駒里奈が卒業発表!!次回発売シングルが最後に!!


乃木坂46生駒里奈(22)が、グループから卒業することが30日、分かった。

この日、都内で日刊スポーツのインタビューに応じ、自らの決意を明かした。
乃木坂46の次回シングルをもって卒業するが、詳しい時期などは未定。
芸能活動は今後も続ける。
デビューシングルから5作連続でセンターを務めた「乃木坂46の顔」が、将来への1歩を踏み出す決断をした。

生駒の表情は、普段通りに屈託のない笑顔だったが、その心の内では、大きな決心をしていた。

「次のシングルをもって、乃木坂46を卒業します。
具体的な日にちは決まっていないので、スタッフの方々と調整していきます」

乃木坂46の20枚目シングル(発売日未定)をもっての卒業を、電撃的に明かした。
自分の将来について考えるようになったのは、20歳のころからという。

「20歳になったけど、料理も大してできないし、郵便局で1人でお金を払うのも不安。
自分のことも世の中のことも、分からないことが多すぎると気づいたんです。
自分は特別な才能の持ち主でもないし、このままの生活を続けて大丈夫なのかと思い始めました」

卒業の決め手は、大学4年生が、新卒で社会人になる「22歳」というタイミングだった。

「大学に通っている人が社会人になるタイミング。
世間的にはまだまだこれから頑張っていく年。
ずっと芸能活動を続けていきたいと思うと、自分にとっては、1つ勝負に出るのは今がベストだと思いました。
母親は『頑張ったんだし、いいと思うよ。卒業してもこれからもずっと応援するよ』と言ってくれました」

11年8月、乃木坂46に1期生として加入。
12年2月発売のデビューシングル「ぐるぐるカーテン」でセンターに抜てきされた。
秋田なまりの残る純朴さと、はつらつとしたパフォーマンスで、13年3月発売の5枚目シングル「君の名は希望」までセンターを務め、その後もグループの顔としてあらゆる場面で活躍。
矢面に立つことも多かった。

「デビューから5枚目までの記憶が、全くないんですよ。
もうあれ以上大変な時間はないのかもしれないというくらい、精いっぱいでした。
あ、でも(乃木坂46加入前から大ファンの)ゴールデンボンバーさんと音楽番組で共演したのは覚えています。
本当にうれしかった。
東京に出てきて良かったです(笑)」

やり残したことがないと言えば、うそになる。

「悔いはありますよ。
やり残したこともいっぱいある。
でも、悔いがあるくらいがちょうどいいんじゃないでしょうか。
アイドルとは別の形でその夢がかなうかもしれないし。
アイドルとしては、卒業までにソロ曲『水玉模様』のミュージックビデオをもう1度撮りたいです」

加入以来、アイドルとして、ノースキャンダルを貫いた。
卒業したら恋愛解禁となるが、「結婚はまだしません」と笑う。

「卒業したら、お友達をいっぱい作りたい。
自分は知らないことが多い。
知った先にあるいろんな感動とかを、もっと財産にしていきたいです。
表現するお仕事や、幅広くタレントとしていろんなことに挑戦していきたいです」

生駒里奈、22歳の決意。
日本を代表するグループとなった乃木坂46を支えたアイドルが、新たな1歩を踏み出す。