ディーン・フジオカ、人気も視聴率も下落!?「今からあなたを脅迫します」


ディーン・フジオカと武井咲がダブル主演を務める連続ドラマ『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)が10月29日に第2話を迎え、平均視聴率5.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。
放送前は、「“ありえない事態”が二度も起こった稀有なドラマ」として業界内で注目を集めていたが、初回の8.0%から一気に転落して、早くも“瀕死状態”のようだ。

同ドラマは、「脅迫屋」を営む千川完二(ディーン)が“変人級の善人”と呼ばれるほどお人好しな女子大生・金坂澪(武井)を巻き込み、さまざまな事件を解決する“脅迫エンターテインメント”。

「“ディーンの民放連続ドラマ初主演作”としても宣伝されていた同ドラマですが、今回記録した5.7%は、同放送枠の単話視聴率ワースト2位の数字。
第2話にして、ネット上にはほとんど感想が書き込まれていない状態で、辛うじて残っていた視聴者からも『内容が薄い』『つまらないクソドラマ』などと言われていることから、さらなる低迷が予想されます」(芸能ライター)

しかし、そもそも開始前から“問題”が連発していたドラマだけに、関係者の間では心配が寄せられていたようだ。

「まずは、なんといっても『武井の妊娠発覚』です。
9月にEXILE・TAKAHIROとの結婚&妊娠を発表しましたが、事務所もその事実を直前まで知らされていなかったため、大パニックでした。
さすがに10月放送スタートの『今からあなたを脅迫します』はキャンセルできず、武井のために急いで撮影を行う事態となり、局内はだいぶバタついたとみられます」(スポーツ紙記者)

さらに、ディーンが起用された経緯も“いわくつき”だったとか。

「同枠の前クールで放送されていた『愛してたって、秘密はある。』は、もともと小出恵介の出演が決まっていたものの、6月に未成年との飲酒及び不適切な関係が報じられて無期限活動休止に。
そこで、小出の所属事務所・アミューズは、局に迷惑をかけたお詫びとして、同じ事務所の人気俳優・ディーンを主演に差し出したんです。
事務所は本来、ディーンの“商品価値”を高めるために、民放連ドラの主演は避け、映画やNHKドラマを中心に出演させていたそうですが、やむを得なかったのでしょう」(テレビ局関係者)

ところが、蓋を開けてみると、視聴率は大爆死となってしまった。

「ディーンは、DEAN FUJIOKA名義で、歌手活動も行っているものの、これがすこぶる評判が悪い。
ディーンのカリスマ性に傷がつく格好となり、人気にも陰りが見えているんです。
小出の失態をカバーしてもらうはずのディーンもこの有様とあって、局よりも事務所が真っ青かもしれません」(同)

責任重大のディーンだが、巻き返しは厳しいかもしれない。