本日最終回!!香取慎吾MC「SmaSTATION!!/スマステ」16年の歴史に幕!!


香取慎吾が16年にわたってMCを務めてきた情報バラエティ番組『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)が、いよいよ9月23日の放送で最終回を迎える。

香取は同8日をもってジャニーズ事務所を退所したが、“フリー”として再始動後の9日には東京・六本木のテレ朝本社前に集まったファンに顔を見せてあいさつし、大きな話題を呼んだ。
最終回の23日にも多くのファンが駆けつけるものとみられるだけに、一部のファンは「入り・出待ち」の禁止を呼びかけ合っている。

2001年10月にスタートし、これまでSMAPメンバーをはじめ数々のゲストが登場した『スマステ』。
一部では稲垣吾郎、草なぎ剛とともに退所したことが番組終了の原因ではないかと囁かれていたものの、同局側は「テレビ朝日は23時台の番組のタイムテーブルの改革を進めている最中で、その一環として『SmaSTATION!!』も改編させていただくことになりました」と説明している。

そんな『スマステ』は毎週、東京・六本木にあるテレ朝本社で生放送が行われており、再出発の日となった9日は、香取の姿を一目見ようと、約300人のファンが集結していた。
待機する人々の存在を知った香取は、本番前にファンの前に登場し、「みなさん、早く家に帰って、『スマステ』見てください!」などと茶目っ気たっぷりにコメント。
一瞬の出来事だったが、現場にいたファンは、香取が去った後に笑顔で抱き合ったり、大泣きしていたという。

この一件はスポーツ紙のWEBニュースなどで写真付きで報じられ、「神対応」と注目を集めた。
さらに、香取は翌週の16日も同局1階のフロアに現れたとのこと。
17日付の「日刊スポーツ」の記事によると、「ガラス越しに、屋外の約100人に笑顔で両手を約10秒振り、大歓声が上がった」という。
最終回を目前に控え、一部メディアは「さらなる“神対応”が期待される」と、煽るような見出しの記事も出ているほどだ。

最終回当日は、ニュースを見て「テレ朝で待っていれば慎吾に会えるかも」と考えたファンが現場に向かうことも予想される。
中には
「次にいつ会えるかもわからない慎吾くんに会いたい気持ちわかるし、励ましになると思う。行きたい人が行ってあげたらいい。走るの禁止、大声出さない。それでOK!」
「たくさんのファンが応援に行って、これからの再出発を激励してほしい」
と、出待ち行為を助長するような書き込みも数件あった。

しかし、香取のファンはこうした風潮に疑問を抱いているようで、
「『スマステ』が最終回だからってテレ朝に駆けつけようと思ってる人はやめて。それは追っかけ行為。ジャニーズじゃなくなったからって出待ち入待ちはタレントさんに迷惑」
「『スマステ』の出待ちでザワザワしてる……。事務所辞めたからって出待ち解禁とは誰も言ってない。落ち着こう」
「今の状況でファンが押し寄せて、その警備にあたったりする方々に迷惑をかけることに対して、慎吾は心を痛めると思う」
「最後だからいいだろなんて……。『スマステ』は最後でも慎吾はまだこの業界で仕事していくんだよ」
と厳しい声が上がっている。

香取が9日にあいさつした際、番組の宣伝を交えてやんわりと帰宅を促したように、テレ朝前にファンが集合することは本人の望みではない、という考えもあるだろう。
また、草なぎが出演する『「ぷっ」すま』(テレビ朝日系)のスタッフは、20日に自身のTwitterで「ロケ中の声掛けは、申し訳ないが我慢を(^^)」とツイートしたことも話題に。
このスタッフの書き込みを遡ると、草なぎは前日の19日にフリーになって初めて収録に参加した模様。
その場で声を掛けたのはファンなのか、それとも一般人なのかは不明だが、代わりに謝るファンに向けて、「いえいえ、気持ちは分かりますので(^^)」と返信していた。

現在は退所した3人に会えるチャンスがない分、なんとか本人に近づき、エールを送りたいという思いに駆られるのは仕方がない。
とはいえ、タレントの仕事に悪影響を及ぼさないためにも、テレビ局やスタッフに迷惑をかけるような行為は自粛すべきかもしれない。

23日の『スマステ』最終回は、2004年に香取が主演を務めた大河ドラマ『新選組!』(NHK総合)で共演して以降、親交のある俳優・山本耕史をゲストに迎え、「秋の最新行列グルメ待ち時間ランキング」がオンエアーされる。
当日は現場周辺でのトラブルもなく、無事に生放送を終えて有終の美を飾ってほしいものだ。