安価な通信料で大きな付加価値が魅力的な「SIMフリースマホ」!!


ケータイ使用料が膨れ上がるなか、格安SIMが注目されている。
そんな格安SIMが使える、バラエティ豊かなスマホを紹介していく!

「格安SIM」とはMVNO=仮想移動体通信事業者が展開しているサービスのこと。
格安と呼ばれるだけあって、安価な通信料金が最大の魅力だ。

自分の環境に合わせたサービスを見つければ、月々の支払いを格段に安くできる格安SIM。
総務省の発表によると、キャリア契約している人の約半分は月額6000円から1万円。
対して格安SIM利用者の約7割は、2000円未満だという。

そんな格安SIMが使えるのは、SIMロックが解除されたスマートフォン。
格安SIMの普及とともに、SIMフリースマホのラインナップも充実してきた。
今回は、大きな付加価値を持つ3モデルを紹介しよう。

HUAWEI P10 Plus
ファーウェイ「P10 Plus」は、ライカの名を冠したカメラを採用。
メインカメラにはF1.8と、高級コンパクトデジカメと同等の明るいレンズを搭載。
1200万画素のカラーセンサーと2000万画素のモノクロセンサーを搭載し、2つの画像を組み合わせて豊かな色表現を実現した。
インカメラには800万画素センサーを採用。
こちらもF1.9と明るいレンズを搭載、従来モデルとは段違いに美しい自撮りを可能にする。
その他、960オクタコアとハイクラスなCPU、3750mAhの大容量バッテリー、家電製品をコントロールできる赤外線リモコンを搭載。
まさにハイエンドな一台と言える。
———-
5.5インチ、2560×1440ドットのディスプレイは精微な表現が可能。
1200万+2000万画素のメイン、800万画素のインカメラともライカ製。
美しいボケ味が期待できるF1.8レンズを採用する。

価格:7万2800円
>> HUAWEI P10 Plus について詳しく…

ZenFone AR (ZS571KL)
エイスース「ZenFone AR」には、SIMカードスロットを2基搭載。2つのサービスを同時に利用できる。
例えば、ビジネス用とプライベート用の分別が可能。
海外出張が多いビジネスマンなら、国内用と国外用とに切り替えるのもアリだ。
その名が示す通り、ARに最適なハイクラスな仕様。
メモリーに8GBを備えたモデルも用意しており、すべての操作をスピーディかつ快適にこなせるはずだ。
———-
nanoSIMスロットを2基装備。
LTE+3Gの2回線同時待ち受けにも対応する。
ディスプレイは5.5インチの2560×1440ドットを採用。
8GBという強力なメモリを搭載しているのも魅力。

価格:8万2800円/9万9800円
>> ZenFone AR (ZS571KL) について詳しく…

NuAns NEO(Reloaded)
トリニティ「NuAns NEO」は、多彩な色や素材のカバーを自在に取り付けられるモデル。
そのバリエーションは、なんと約700通り。
専用ケースが少ないAndroid端末では珍しく、自分の個性をカバーで表現できるのだ。
この機種はSIMフリー端末としては初めて「おサイフケータイ」にも対応し、Suicaが使えるのも嬉しいポイント。
オシャレと利便性を、高次元で兼ね備えているのだ。
———-
本体に多彩な色や素材のカバーを、約700通りの組み合わせで選べる。
ディスプレイは5.2インチ、解像度1920×1080ドット。
ソニー製の1300万画素のカメラを搭載する。

価格:4万6200円
>> NuAns NEO(Reloaded) について詳しく…

SIMフリー端末は、キャリアに縛られることなく、世界中のSIMカードが使える、まさにフリーダムなスマホ。
今までは魅力に乏しいモデルばかりだったか、物欲を刺激するバラエティに富んだモデルが揃い始めた。

格安SIMでお得にしつつ、魅力溢れるモデルを手に入れよう!