29連勝を果たした将棋・藤井聡太 四段に学業を心配する声!!


30年ぶりの新記録となる、公式戦29連勝を果たした将棋の藤井聡太四段(14)は中学3年生。
日本将棋連盟は学業に配慮し、対局は学校が休みの土日、祝日にできるだけ入れるようにしたいという。

通っている名古屋大教育学部付属中・高校(名古屋市千種区)の原順子副校長によると、対局が平日になれば学校を欠席するが、「それ以外は出てきているので支障はない」。

中間テスト期間の15日に対局があり、テストを受けられなかった。

再テストはせず、日頃の勉学の取り組みを総合的に判断して成績をつけるという。

授業中の藤井四段について「対局の時のように集中すると体を乗り出して聞いていて、対局翌日で『疲れているんじゃないか』という時でも決して居眠りをすることはない」と原副校長。

母親の裕子さんは「プロとして伸び盛りの時期だが、学業もおろそかにできない。自宅ではリラックスできるよう心がけ、(息子の)睡眠時間を確保するよう努めている」と話している。