朝ドラヒロイン・有村架純の姉「有村藍里」というキャラを確立か!?


女優・有村架純(24)の姉でグラビアアイドルの有村藍里(26)が、26日放送の『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で振り切った姿を見せた。

番組では、2年ぶりの『ロンハー水泳』を開催。
メインキャストのロンドンブーツ1号2号の田村淳(43)と田村亮(45)が、それぞれ人気タレントを率いて対決する水泳大会だ。
出演者には、山崎弘也(41)や田中卓志(41)といった人気芸人のほか、Fカップボディの中村静香(28)、グラビア界屈指のスタイルを誇る原幹恵(29)、「はんなりGカップ」でファンを魅了する今野杏南(27)など、見事なプロポーションの美女たちがそろった。

当然ながら、水着を身につけて登場した女性陣は、冒頭の「25メートル自由形」からセクシーショットを連発。
今野が“だっちゅーの”ポーズで胸の谷間をアピールしたと思ったら、中村はバックショットでカタチの良いヒップを見せつける。原も負けじと引き締まったお尻をカメラに向け、大会を盛り上げた。

第2競技の「水上相撲」では、美女たちがプールの上に設置された土俵でカラダをぶつけ合い、キワどい姿になってしまうセクシーハプニングが続出。
その中では、今野が対戦相手の大久保佳代子(46)に「コイツ、整形してますよ」と挑発されるシーンも。
しかも今野は、大久保に土俵の上で脚を広げられ、あられもない姿を見せてしまった。

藍里は、プールに浮かぶ9コの島をいかに早く渡りきれるかを競う「浮島渡り」に登場。
スタート前、彼女は「架純、朝ドラ頑張ってねー」と、NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』で主演を務める妹をネタにして気合いを入れる。
その勢いのまま浮島に向かって飛び出した彼女は、ハイレグ水着姿でM字開脚状態になりながらゴール。
好タイムではなかったものの、カラダを張った彼女には共演者から拍手が送られた。

さらに藍里は、不安定な浮島の上で縄跳びをする競技にも挑戦。
これの前にも彼女は、「架純! 架純! 架純!」と叫んで自分にカツを入れる。
しかし、わずか3回跳んだところでバランスを崩して落水。
見せ場を作ることはできなかったが、水の中から「架純、こんなお姉ちゃんでごめんね」とカメラに向かって話しかけ、ここでも架純の姉であることをアピールした。

実は藍里は、先週の『ロンハー』にも出演し、そのときも冒頭で「有村架純の姉です」と自己紹介していた。
その後も、ことあるごとに妹の名前を出しており、架純をネタにすることにはためらいがないようだ。

こうした藍里のブレない姿勢を『水泳大会』で目にしたカンニング竹山(46)は、「感心するしかない」と称賛。

ネット上の視聴者からも、「最初はちょっとウザかったけど、だんだん好きになってきた」「妹に負けないように頑張ってほしい」「何にせよ、スタイルは抜群」といった好意的な意見が上がっている。
一部からはネガティブな声もあるが、藍里は“朝ドラヒロインの姉”というキャラを確立しつつあるようだ。