1位だと思ってダッシュでセンターに・・・HKT48・兒玉遥の紅白選抜号泣事件!!


昨年大みそかの『第67回NHK紅白歌合戦』で見せた、HKT48・兒玉遥の“勘違い号泣事件”が波紋を広げている。

紅白では、AKB48グループから選ばれた48人の「紅白選抜」がメドレーで3曲披露。

その2曲目を歌唱することのできる上位16名が生放送中に発表された際に“悲劇”は起きた。
「最後のトップ2が発表される瞬間、兒玉がセンターにダッシュしてきたのですが、選ばれたのは1位のNMB48・山本彩と2位のHKT48・指原莉乃で、兒玉の名前は最後まで呼ばれませんでした。
2位で指原の名前が呼ばれると、兒玉は自分が1位だと確信し、喜びの表情を見せましたが、それも束の間、山本の1位が発表されたため、兒玉は『私は?』と、自分を指差しながらパニック状態に。
その後、ショックで号泣している様子が映りました」(芸能記者)

リハーサルは、昨年の選抜総選挙の結果を暫定順位として行われており、メンバーも本番まで今回の順位を知らされていなかった。
その暫定順位で兒玉は9位と大躍進しており、人気メンバーの山本がまだ残っていることに気付かず、自分が1位だと勘違いしてしまったようだ。

実際、兒玉の順位は29位だったのだが、本人は相当に悔しかったようだ。
「正月に帰省した際には、迎えの車の中で涙が止まらず、母親に泣きじゃくりながら思いの丈をぶつけたことを明かしています」(アイドル誌ライター)

しかし、握手会ではこの件を“ネタ”にしようとするファンもいるようで、
1月6日のTwitterでは、
「おしゃべりだいすきなのにおしゃべり怖いんだ。
ただ、私はみんなに笑顔になってほしくて楽しい思い出を沢山つくりたいのにごめんなさい、、、本当にごめんなさい」
と、深く傷ついているようなコメントがつづられていたため、ファンが心配する騒ぎに。

前出のアイドル誌ライターが言う。
「おそらくは、握手会で『29位おめでとう』とか、『29位でごめんなさい』と言われるのがきつかったのではないでしょうか。
中には『本当に1位だと思っていたの?』といった厳しいツッコミをする人もいたはずです。彼女が病んでしまうのも仕方ありませんよ」

1時間後のツイートには「もう大丈夫」と気丈に語っていた兒玉だが、彼女の心に大きなトラウマを残してしまったようだ。